神前式にかかる費用やメリット|疑問符を解決

男女

結婚式の定番

手を繋ぐ人

自分でも作成可能

結婚式に生い立ちムービーを流したいという方は多いのではないのでしょうか。定番ではありますが、生い立ちムービーは根強い人気があります。確かにお二人が席を離れる時に、ゲストを退屈させない為の繋ぎとしても使えるものなので、たくさんの方が使用していします。式場から紹介された所でお願いすると、軽く10万円以上はかかってしまいます。もし身近にそういう事が得意な人がいたら、頼んで作ってもらいましょう。自分でもソフトを買えば、割と簡単に作れます。もちろん、不安な方はプロに任せた方が確実なので、その方がいいと思います。ただ結婚式は本当にお金がかかるものなので、頑張れば出費を抑える事が出来るという事も頭に入れておくと良いかもしれません。

注意すべき点

生い立ちムービーの流れとしては、新郎の幼い頃から現在までの写真が12枚くらい流れた後に、新婦の幼い頃から現在までの写真が12枚くらい流れます。そして二人が出会ってからの写真がこれもまた12枚くらい流れて終わりというパターンが定番だと思います。生い立ちムービーの写真を選ぶ際には、是非ゲストも一緒に写っている物も選ぶと、喜ばれます。この時、自分の写りの良いものを選択しようとするあまり、ゲストの写りは気にしないでいると、ゲストも良い気はしません。女性なら尚更、気になる事でしょう。大きなスクリーンに流れて、大勢の方が観るものなので、そこはしっかり配慮しましょう。結婚式に出席してくれるみんなの写真がない場合には、無理して全員を入れる必要はありません。ある人だけでも大丈夫です。