神前式にかかる費用やメリット|疑問符を解決

男女

相手の喜ぶものを

プレゼント

ご祝儀以外に結婚祝いを頂いたら、お返しをするのがマナーです。結婚祝いのお返しは、一般的に結婚内祝いと呼ばれています。結婚式に招待していないのにご祝儀をもらった場合もお返しをすべきでしょう。結婚祝いのお返しを考えるときは、金額、タイミング、内容に注意して選ぶ必要があります。金額については、三分の一から半額程度が目安です。多すぎても少なすぎても失礼にあたるので注意しましょう。タイミングとしては、もらってから一ヶ月以内に贈るのが望ましいです。バタバタしているときはその限りではありませんが、遅すぎないようにしましょう。内容については、相手の喜ぶものをイメージするのがいいでしょう。迷ったら、多くあっても困らない消耗品がよいでしょう。

結婚祝いのお返しは、消耗品が多いという特徴があります。これは、結婚内祝いをもらう機会は比較的多いためです。そのため、タオル、洗剤、調味料などの食品、ドリンク類、お酒などが負担にならずよいとされています。ただし、近年は結婚祝いについても結婚内祝いについても相手が喜ぶものであれば特に決まりはないという考え方が主流となってきました。そのため、相手からのリクエストがあったときなどはリクエストのものを贈れば問題ないでしょう。カタログなど、相手に選んでもらう形の結婚祝いも近年では増えてきています。形式よりも、実利を重視してきているというのが近年の結婚祝いの特徴です。商品券やギフトカードでも相手が喜ぶならば問題ないでしょう。