神前式にかかる費用やメリット|疑問符を解決

女の人

結婚式の定番

手を繋ぐ人

生い立ちムービーはプロに任せた方が確実ですが、自分でも頑張れば出来る作業です。出費を抑えたい方は挑戦してみましょう。ゲストも一緒に写っているものは、喜ばれます。その際はゲストの写りが良いものを選んであげて下さい。

Read More..

日本伝統の結婚式がしたい

神前式

教会との違いとは

結婚式と言えばウェディングドレスを着た花嫁が印象的なものですが、近頃では白無垢を着たいというカップルが増えていることを背景に神前式が増えていると言われています。神前式とは主に神社で行われる結婚式のことで、教会で行う結婚式とは違う点が多くあります。教会での結婚式の場合には教会のサイズにもよりますが友人も参列することが出来ます。しかし神前式は家と家との結びつきという意味合いも大きいため、基本的には親族しか参加できないというところも多いので、友人も呼びたいという場合には神社ではなく神前式も行ってくれる結婚式場やホテルを探す必要があります。また、神前式ならではの三々九度は清酒を飲まなければいけないので、お酒に弱い人は事前に伝えておいて量を少なくしてもらうなどの配慮を行ってもらいましょう。

主役は花嫁だけではない

神前式のメリットは日本古来の厳かな雰囲気で行われるだけではなく、費用がリーズナブルという点にあります。相場としては5万円程度と言われており、一般的な教会で行われる結婚式の費用も挙式だけなら5万円程度で行えますが、教会の装花代、結婚証明書の発行費用、生演奏を行う時の費用など細かなものがたくさんあり、それらを含めると20万円を超えてしまうケースも少なくありません。神前式の場合には雅楽の演奏をお願いしても10万円以内で収まることも多いので、費用が安いのは大きなメリットとなるでしょう。また、結婚式と言えば新婦が主役だというイメージも強いですが、神前式では新郎がメインとなって行うものも多いので、新郎が主役となる場面が多いという点も特徴となっています。

挨拶のために

男女

手作りをするにしても、プロフィールビデオ制作会社に依頼するにしても、自分たちのことを一人でも多くの方により知ってもらうために必要なものだといえます。当日は時間がなく、ゆっくりと挨拶することはできないので結婚式において拘りたいものの一つです。

Read More..

相手の喜ぶものを

プレゼント

結婚祝いをもらったらお返しをするのがマナーです。金額は三分の一から半額程度、時期はなるべく一ヶ月以内、ものは相手の喜ぶものを選ぶように注意するとよいでしょう。消耗品が多いという特徴がありますが、近年では特に決まりはないという考え方が主流です。

Read More..